2ヶ月間ダイエットトレーニング結果

ダイエット

体重の変化

50歳女性Aさん、週1回Sobafulでトレーニングとレコーディング血糖値コントロールダイエットを2ヶ月間継続していただいた結果です。

1ヶ月目でマイナス5キロ、2ヶ月目で合計マイナス約9キロを達成しました。現在も、50キロ台を目指して継続してくださっています。

わたしは、前職で女性専門のダイエットジムで、トレーナーとしてパーソナルトレーニングを指導していました。ただ、今思えば、当時はマニュアルに沿った指導とアドバイスしかできていなかったと振り返ります。当時は、独身でしたし、結婚後もまだ子供はいなかったので、自分のための時間の使い方しかできていなかったためです。それこそ、主婦やお子様がいらっしゃる会員様の親身にはなれていなかったと反省し、今は、ジムに通わなくても、スキマ時間に家でできるトレーニングの伝授と食事指導をさせていただいています。

今は、ダイエット専門ジムはもちろん、24時間使えるジムなどもあります。わたしも、トレーナーになる前は、どちらも通っていました。ただ、期間限定のダイエットジムは、一時的に大幅に体重が減っても、その生活を継続しなければ、体重は徐々に戻りますし、極限に絞った時の体重に戻ることはありません。わたしがトレーナーをしていた時も、極限に絞った時に小さいサイズのズボンを買って、それが入らなくなって、コース終了後にまた再スタートする方もいらっしゃいました。ダイエットジムは、もちろんそれで儲かるのかもしれませんが、わたしは悲しくなります。

一時的に食事制限や筋トレをして痩せた先にあるのは、リバウンドです。リバウンドは、身体はもちろん精神的にダメージが大きいです。一生続けられる無理のない食生活で、気が向いたときに家で行うトレーニングでダイエットできるのが、健康的かつ経済的だと考えます。

Sobafulで行っているトレーニングと食事指導は、最短で1ヶ月から始められます。今までジムでトレーニング経験がある方は、1ヶ月で習得することもできます。また、今回結果をご紹介した方のように、目標20キロ減という方は、2ヶ月で習得した後も継続する方もいらっしゃいます。料金などはこちらをご覧ください。

見た目も若々しく変化

今回、年齢や数値の公開はご本人にご承諾をいただきました。トレーニングコースでは、初日、1ヶ月後、2ヶ月後と全身写真をお撮りして、並べて変化を視覚化して実感できます。今回はお写真の公開はできないのですが、姿勢がよくなる、首がくっきり出現、膝のO脚の改善などの良い変化が見られました。

ダンベルやバーベルなどがなくても、自重トレーニングでも身体に変化は表れます。ただ、もちろん負荷をかけて動作した方が、筋肉の発達、脂肪燃焼や骨格矯正などに効果があるのは事実です。一般的なダイエットジムで、バーベルを担いでスクワットをするのはそのためです。短期間で結果が出せるのは、素晴らしいことです。

ただ、先にも書いているようにやめてしまえば、筋肉は衰退します、今まで以上に食べればリバウンドします。それであれば、長期的でも、無理な食事制限や激しいトレーニングではなく、一生続けられる食生活と、簡単なトレーニングでダイエットした方が、ストレスも少なくリバウンドもなく、時間とお金の節約もでき有意義だと私は考えます。

食事に対する意識の変化

体重が減っていくにつれて、ファッションにも変化があったり、こちらもお会いする度に嬉しくなりました。もともとフットワークがよく、毎日のように仕事後におけいこやセミナーなどがある方で、こちらも尊敬するほどでした。そんなこんなでお忙しいだけに、夕食の時間が22時頃になり、寝るのは深夜1時2時になることが多かったAさん。仕事後からおけいこの前に軽くお腹に入れて、家に帰ってからは消化のよい汁物などを摂って、早めに就寝することをアドバイスさせていただきました。最初はなかなか難しく、移動中にストリングスチーズを食べたりしていました。慣れてくると、会社を出る前にとろみのあるスープを飲んだり、蒸したお芋や昼食のお弁当の残りを食べたり、調整できるようになってきました。

食事指導では、いつ、なにを、どこで食べたかなどを記入していただいています。それをラインで写真で送っていただき、たまに食事の写真も送っていただいています。外食だと特に料理名のわりに油が多く使われていたり、サイズ感、量もわからないことが多いので、そうしていただけると細かくアドバイスすることが可能です。たとえば、オムレツと言っても、写真を送っていただいて、この量の玉子を焦がさないないように焼くには、相当な量の油を使っているな、とか。とても細かいことなのですが、そこで気づけば、次からメニュー選びが変わってきますよね。

また、間食、お菓子に関しても、完全にやめてくださいとは言いません。ただ、いつ、なにを食べたかは食事ノートに記入していただいてます。書くことで、振り返りができます。なんで食べたのか(差し入れでもらった、仕事でちょっとイライラして甘いものが食べたくなった、友人にお茶に誘われてケーキを一つ食べた)も記入していただくことで、自分と向き合うことができます。なんとなくのおせんべい一枚は罪です。でも差し入れでいただいたおせんべいを、感謝して、味わって、職場のみんなと美味しいねといただくのは、満足感があります。我慢が積もり積もって、暴食につながります。

Aさんも、月に2回、お茶のおけいこがあり、毎回お茶菓子が2つ出されます。それもノートに記入していただき、当日の朝は、炭水化物を摂らないようにするなどで、調整していただいていました。食べないでください、食べてはダメです、と言われると、隠れて食べてしまったり、食べても内緒にしてしまうことがあります。それは、よくないことです。お茶会でいただくなら、味わって美味しくいただく、どうしても疲れがたまって、甘いものが食べたいなら、チョコを一つだけ食べて満足して、また頑張る。毎日はこの繰り返しです。無理な制限ほど、リバウンドします。

Aさんは、外食時、当初は野菜炒めや、レバニラ炒めなど、確かに野菜は多めでいいのですが、きっと油がたくさん使われているだろうなぁ、、というものを召し上がっていたのですが、2ヶ月経った頃には、SUBWAYのサラダなどを選択されていて、意識が変わっていらしたのがわかりました。最近、ダイエット成功のご褒美にラーメンなども召し上がったそうですが、完食はしないなど、ダイエット意識は継続できていて素晴らしいです。

また、あんなに大好きだったパンもここ2ヶ月召し上がっておらず、一度召し上がった時も、ライ麦と全粒粉でできたダイエット向きのパンを選択できていらっしゃいました。

まとめ

Sobafulで行うトレーニングは、家でもできるトレーニングです。スキマ時間に行うことができます。また血糖値コントロールダイエットもNG食材を覚えてしまえば、カロリー計算も必要なく、ストレスなく継続できます。

私の主観になってしまうのですが、主食を抜くのはエネルギー不足になり、仕事や生活の質も下がります。血糖値コントロールダイエットでおススメしている主食が、十割そばと玄米です。このふたつが食べられる、ダイエット中でも通える店が自然派十割そばSobafulです。ダイエット中でも食べたい揚げ物も、こめ油で揚げているので酸化しにくくヘルシーです。食べながら無理なくダイエットしたい方にぜひいらしていただきたいです。

そして、ダイエットトレーニングに興味のある方は、こちらをご覧ください。12月中は、平日夜のトレーニングのご予約が可能です。

ご不明な点はお気軽にお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました